保育方針

保育理念・保育園の役割

・児童福祉の理念に基づき,保育に欠ける子どもの保育を行い、健全な身心の発達を保障する。

 ・ どの子にも平等に保育の機会を与えられるよう、福祉の心を十分に発揮する。

・全ての乳幼児が幸せに暮らせるよう職員は常に意識を高め資質の向上に努める。

保育目標

 「私たちが目指す子ども像」

 ・友だちと元気に仲良く遊ぶ子・のびのびと自己発揮できる子。

・自分の意志をちゃんと相手に伝えられる子・互いの個性を認め合い友だちといることを喜べる子

・色々な体験を通して感受性の豊かな心の美しい子、何事にも興味を抱き、何事にも自ら挑戦しようとする子。

 ・体験したことを言葉や態度で表現し自分自身の楽しさを創造し分かち合える子

保育のねらい

 ・子どもたちは、職員一人一人に認められ、愛されているという実感を抱きながら、好きな場所で好きな遊びを心ゆくまで楽しむ。

・室内保育室、自然環境を整え、四季折々の活動を充足しながら心と身体のバランスの良い成長、発達を促す。

・家庭的な雰囲気を維持しつつ、集団保育の良さが生かしてダイナミックな活動や行事などの満喫する。

・年齢の発達の過程を押さえ、個人の発達の状態をしっかりと読み取り、日々の保育が充実し、 子ども一人一人が満足感を十分に味わえる。

・子どもの家庭の状況を把握し支援や配慮の必要な家庭へは個別的に対応できるように職員全員が心を一つに連携して対応する。

・親も子も保育者も「共に育ち」「共に高まり」「共に充実」する。お互いに尊重し得る関係。